老柴看護記録

シニア柴犬2匹、認知症の看護と介護の日常を綴ります

曇り

夜泣き(++)

 

一昨日の夜中からやや不穏だったマサムネ、昨日の朝から食べなくなり、夕方には足がふにゃふにゃで立たなくなりました。

反応も鈍いです。

これまでにない状態だったので、最悪を覚悟して就寝。

と言っても叫ぶマサムネと落ち着かず走り回るかおるに何度も起こされましたが、マサムネは朝方にはよろよろと回転運動をしておりやや安堵していました。

しかし、相変わらず食べないので久しぶりのエンタイスを0.3投入。

特に変化無し。

ただ、昨日もずっとだったのですが、空腹時にする歯ぎしりはするのです。

でも口を開けない。

大声で叫ぶので少しだけ外にお散歩に連れて行き様子見していたのですが、叫ぶ間隔がどんどん短くなり、宥めても抱いてもおさまらなくなりました。

抑肝散投入、駄目。

柴胡加竜骨牡蛎湯投入、駄目。

脱水も怖いので獣医さんに往診を依頼しました。

昼過ぎに往診。

2週間前の採血結果が良かったので、電話口では大丈夫ですよ〜と気楽な感じの獣医さんでしたが、最初の聴診で徐脈と不整脈だったらしく

これは駄目かも‥と困惑気味の獣医さん。

その後一応脈は戻りましたが。

取り敢えず処置としてはビタミン、強ミノ入りの点滴150ml、そして今後のお薬について相談しました。

おそらく認知症の発作との事ですが、もしかしたら心臓等も弱り始めているかも、との事です。

これまで漢方薬で対応してきましたが、それでは困難な場合の抗不安薬、鎮静剤、認知症のお薬を処方して頂きました。

 

その後2時間ほど寝て、お刺身とうずら玉子等少し食べました。

そして今また、寝ております。

 

3日ほど前までやたら元気だったのに‥いきなり急降下です。

丁度梅雨の最後の低気圧が居座っている時期でもあり、体調を崩している人も多いです。

とにかく食べて欲しい‥梅雨明けとともに元に戻ってくれる事を祈ります。